谷川智宏

代表社員

Personal Profile

20210316_234549.jpg

ご挨拶

 

この度はCocodeケアのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

病気や障害、加齢に伴い介護を必要とする心身状態となった当事者の方は、思うようにならない身体のもどかしさ、疼痛やしびれで意欲が削られる、記憶や認知機能の低下による不安、家族の負担を軽くしたくてもできないもどかしさや申し訳なさ等、不安や悩み生きにくさをを抱えながら暮らしています。

 

介護を担うご家族は生活、仕事、子育て等をしながら、自分の事にまで心は至らない状況下で、思うに任せないことの連続、先の見えない不安、「こうありたい」と思う自分とかけ離れている現実に苦しみ、パートナーだから、親だからこそのつらさ、悲しみのなどから、介護の負担に追い詰められる日々を暮らしています。

 

私たちは、介護を受けられる人と介護を行うご家族の心情や生きにくさが少しでも解消し、一人ひとりの価値観や生き方を大事にしながら、「よりよい人生」を送ることが出来るようにサービス提供を目指していきます。

 

そして、よい介護サービスを提供するために、チームケアは欠かせません。それぞれの専門職の意見や業務、人間性を理解して連携し、1つのチームとしてよいケアを提供しています。


「人のケア」「家族のケア」「チームケア」この3つが実現された地域包括ケアを創造する一端を担えるよう、高い専門性、迅速な行動力・細心な気配りでサービス提供に努めて参ります。
 

​                        代表社員 谷川智宏

代表者紹介

Representative Introduction

オーストラリア公立ラ・トローブ大学健康学学部

 看護助産学科 高齢者ケア学士卒(高齢者ケア学士)

星槎大学 行動分析学履修得​

埼玉県草加市の特別養護老人ホームの介護士

 在宅介護支援センター及びホームヘルプサービス事業運営責任者

埼玉県三郷市の総合福祉施設の主任介護士

東京都十条の訪問入浴サービス及び24時間ホームヘルプサービス

2001年から神奈川県川崎市にて居宅介護支援事業所の介護支援専門員

2002年~2019年 東京都品川区の在宅介護支援センター(地域包括支援センター)の 

 所長兼居宅介護支援事業所の管理者兼介護支援専門員

2019年~2021年 船橋市の居宅介護支援事業所の介護支援専門員

2021年 Cocodeセラピー設立

​◎2022年 Cocodeケア合同会社設立

2011年 応用行動分析学との出会いから、行動療法や認知行動療法など行動的心理療法を用いて認知症と診断された方へのBPSDコンサルテーションや高齢者を専門にうつ病や 強迫性障害、パニック障害などの心の病気を抱えた方への実践的な支援に取り組む。

2017年から、発達障害児への応用行動分析学(ABA)による個別家庭療育に取り組む。

2018年 ワシントン大学看護学部心理社会・コミュニティ健康学科研究教授のSusan

 M. McCurry博士に師事。認知症と診断された方のケアや,そのケア をする周りの方々

 の生活の質を改善するための実践的なアプローチや認知症の方とそのご家族が,お互

 いに尊厳や尊敬をもち,ポジティ ブに過ごせるようにするためのツール(DANCEモ

 デル),D=Donʼt argue!(言い争いをしな い!),A=Accept the disease(症状を受

 け容れる),N=Nuture the caregiver(ケアをする人を支える)C=Creative problem-

 solving(問題 解決策を生み出す),そして,E=Enjoy the moment(その瞬間を楽し

 む)という家族支援プログラムを学び、認知症ケアに悩む介護種家族をサポート。

著書 応用行動分析学(ABA)で学ぶ認知症介護者行動プログラム

    認知症の症状を抱えた人の介護に悩む介護者を支援する

論文 パニック発作を繰り返す高齢者に対して心拍バイオフィードバックを取り入れた

    脱感作法の適用

事 業 案 内

事業.png

その他、認知症介護で悩む家族のためのストレスケアプログラム

​    発達障害のペアレント・トレーニング

Cocodeケア

概要.png

Cocodeケアへのアクセス